スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)とは?

スウェーデン式サウンディング試験は、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。1976年にはJIS規格に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されるに至っています。

スウェーデン式サウンディング試験の試験手順

  1. 1.鉄の棒(ロッド)の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付け、それを地面に垂直に突き立てます。
  2. 2.ロッドには、自由に上下させたり途中で固定もできる受け皿(クランプ、重さ5kg)を通し、さらに上端には水平に取っ手(ハンドル)を取り付けておきます。
  3. 3.クランプに円筒形のおもり(10kgのおもり2枚と25kgのおもり3枚)を1枚ずつ静かに載せていき、1枚載せるたびに、ロッドが下方に沈むかどうかを観察し、記録します。
    (注) スクリューポイントとロッドにかかる荷重は段階的に5、15、25、50、75、100kgとなります。
  4. 4.全てのおもりを載せるとクランプの重さと合計して100kgになりますが、その際、ロッドの沈み込みがなく静止している場合には、ハンドルを回転させ、先端のスクリューポイントで土を掘進しながら強制的にロッドを貫入させ、ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかを記録します。
    (注) ロッドの長さは最長で1mなので、貫入させるに従い、おもりの受け皿となるクランプが地面に着いてしまいそれ以上貫入させることができなくなります。そこで、おもりとハンドルを一旦はずし、新たにロッドを継ぎ足した後、ハンドルを装着し直した上でクランプを所定の高さまで引き上げて、再度、3と4の作業を繰り返します。
    (注) ハンドルの回転数は、180度(半回転)を1回とカウントします。すなわち、360度回せば2回となるので、記録は「半回転数」という表記になります。
  5. 5.規定の深度(後述)までの貫入が記録できた時点で測定を終了し、ロッドを引抜きます。
  6. 6.ロッドを引抜いた後の、直径が3cmほどの測定孔を利用し、孔が土で目詰まりしていない限り、メジャーで地下水位を計測・記録します。

【自動式SS試験】

特長と注意点

  • 試験方法が比較的簡便です。
  • 試験結果をN値に換算できます。
  • 深度毎に連続してデータがとれます。
  • 調査費用が安い。
  • 土が採取できないため、詳しい地層の確認はできません。
  • れき・ガラ等があると貫入が困難になる場合があります。

スクリュードライバーサウンディング試験

スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)とは?

SDS試験は、試験区間25cmに対して最大7段階の加重載荷と、断続的な回転貫入を行なう試験であり、試験によって計測されるデータは回転トルク、載荷荷重および貫入量、沈下速度とロッド回転数である。ロッドに作用する周面摩擦力を算出するために、25cm貫入ごとにロッドを1cm引上げた状態で回転トルクの計測を行なう。取得した試験データを塑性論アナロジーモデルの概念を用いて、2次処理することにより土質判別ができる。また、SDS試験データとボーリング調査により得られたN値および細粒分含有率の室内試験結果から、数量化理論I類を用いた解析により換算式を導き出す。これにより、N値と細粒分含有率の推定が可能となります。

SDS試験の試験手順

スウェーデン式サウンディング試験(以後SWS試験)の自動式機械にSDS試験装置をセットします。
SWS試験で使う機械と比べ、荷重、ロッドの貫入量、沈下量、回転抵抗トルク等の一次的なデータを測定することができます。そのデータから、補正トルク・Cpその他二次的な試験データを求め、土質判定します。
試験中は常にロッドが回転しており、回転しながら荷重が増加する単調載荷方式を採用しています。
SDS試験によって取得される試験データには、最大トルク、平均トルク、最少トルク及び貫入量、沈下速度とロッドの回転数があります。
まず初期載荷荷重が載荷され、1回転分のトルク等の計測を行います。
そして、貫入量が25cmに到着するまで、1回転毎に0.38kN、0.5 kN、0.63 kN、0.75 kN、0.88 kN、1 kNの順に荷重を増加させて、その都度、上記に挙げた項目を測定することになっています。
またロッドに作用する周面摩擦力を算定するために、25cm貫入毎にロッドを回転させたまま1cm引き上げて、その際の最少トルク、最大トルク、平均トルクの計測を行います。

特長と注意点

SWS試験では困難である、洪積層や沖積層を区別し、腐植土層をも判定することができるため、不良土質による地盤事故や過剰な地盤改良工事を防ぐことができます。SWS試験に比べ少し価格は高くなります。

標準貫入試験

標準貫入試験とは?

標準貫入試験(SPT試験)は、日本で行われているサウンディングのなかで最も普及した動的貫入試験です。1961年に日本工業規格(JIS)により、JIS A 1219として初めて試験法が規格化されました。以来40年以上、N値と様々な物性との相関性や理論、設計基準・指針などが整備され、研究が続けられています。この試験により、N値を求めるとともに土試料を採取します。

試験方法

  1. 1. ボーリングにより試験開始深度まで掘削する。
  2. 2. 標準貫入試験用サンプラーを静かに孔底まで挿入する。
  3. 3. ボーリングロッド頭部にノッキングブロック及びガイド用のボーリングロッドを装着する。
  4. 4. ガイド用ボーリングロッドなどの鉛直性を確保する。
  5. 5. ドライブハンマーを静かにノッキングブロックにセットする。
  6. 6. 質量63.5±0.5sのドライブハンマーを76±1cmの高さから自由落下させ、ノッキングヘッドを打撃する。
  7. 7. ドライブハンマーの打撃によって15cmの予備打ち後に、30cmの本打ちを行う。
  8. 8. 本打ちでは、原則として10cmごとに打撃回数を測定する。
  9. 9. 打撃回数の上限は50〜60回とし、30cmの貫入に要する総打撃回数が上限に達した場合には、その時の貫入量を記入する。

※ ドライブハンマーの落下を伴わずにサンプラーが貫入する“自沈”には、“ロッド自沈”と“ハンマー自沈”がある。
※ 予備打ち及び本打ちにおいて、50回の打撃に対して累積貫入量が1cm未満の場合を“貫入不能”とする。

特長と注意点

  • 軟弱な地盤から硬質な地盤まであらゆる地層の掘削が可能です。
  • 直接土を採取することにより、正確な土質判定が出来ます。
  • 岩塊やコンクリート片などを含む地盤においてはデータが採用できないことがあります。

G-WEBシステム

G-Webシステムとは?

「G-Web system」とは、GPSデータ(位置情報)・タイムスタンプ(調査時刻)・地盤調査データなどをインターネットを活用し、リアルタイムで「電子認証」を行い、不正な入力や改竄を防止できるシステムです。お客様に対し安全で信頼のおける市場を構築します。

G-Webシステムの流れ

「G-Web system」をご利用いただくには、対象地盤の調査申し込みが必要です。
調査依頼の確認後、依頼地盤の調査を行い「電子認証」された「地盤調査報告書」を発行いたします。

PAGE TOP