概況

戦後の国土復興と高度成長期に整備された橋が、公共投資の減少が予想される少子高齢化社会に更新時期を迎えるとの警鐘が鳴らされて久しいころ、2012年(平成24年)12月に発生した中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故を契機に、平成25年を社会資本メンテナンス元年と位置づけ将来にわたるインフラ機能の発揮に向け、本格的な維持管理時代への舵がきられた。

基本方針

十分な公共投資が困難となる少子高齢化社会の到来を目の前にして、社会基盤施設(インフラストラクチャー)の安全性に国民が不安を抱き始めていることから、最新の技術と従来からの技術を融合させた計画立案をおこない、品質の優れた成果を提供できるよう邁進してまいります。

業務内容

橋梁
構造物経年劣化の点検・補修補強設計・補修補強工事
橋梁経年劣化の点検・補修補強設計・補修補強工事

構造物経年劣化の点検・補修補強設計・補修補強工事

度重なる地震などの経験と技術進化により、構造物の安全性・耐久性は確実に向上している。
しかし、既存インフラ構造の問題は、現在に比べ建設当時の初期状態においても安全性・耐久性に乏しい構造物が高齢化していることにある。
各年代の構造物が持つ固有の問題を正しく認識する必要性がある。
それらを踏まえ構造物経年劣化点検・維持管理・対策工法の立案など幅広く技術向上に取り組んでまいります。

構造物老朽化図

橋梁点検

点検

一般財団法人橋梁調査会認定道路橋点検士の資格保有者が、計画立案から点検をおこない品質の優れた成果を提供いたします。

橋梁補修設計・補修補強工事

図面復元、構造材料試験、変形変位、損傷、腐食調査、地盤調査など詳細調査から補修設計、補修補強工事まで一貫しておこないます。

PAGE TOP